作業員

被害が大きくなる前にアシナガバチの巣は駆除せよ!

プロに頼むメリット

ねずみの被害に遭っている多くの方は、ねずみを駆除して貰える専門業者に注目しています。自分でやると手間暇がかかる割に成果に結びつきにくいので、最初からねずみ駆除のプロに依頼した方が賢明です。被害が拡大してから慌てるより、できるだけ早い段階でプロに頼みましょう。ねずみは繁殖力が強く、放置は禁物です。

駆除の方法

ゴキブリは衛生害虫であり、経済害虫です。ゴキブリは1匹見つけるとその他に数10匹は存在しています。そのため、退治をする必要があります。手軽に費用をかけずに退治をするなら個人で、確実に退治をするのであれば業者に依頼します。

確認方法を把握する

シロアリは早く発見できるに越したことがないため、自宅を建ててから五年以上経過している、床が大きく沈み込むなどが当てはまるなら要注意です。侵入経路を調べて穴があれば塞ぎ、業者さんに伝えれば作業を素早く始めてもらえます。

巣を警戒しましょう

ハチ

業者依頼が便利

ハチの中には、クマバチのように単独行動をする種類と、スズメバチやアシナガバチのように集団行動をする種類が確認できます。そして、人間を脅かすのは、集団行動を行うハチであることが多いと言われています。中でも、アシナガバチの被害は比較的多く、命に影響を与えるケースも見られますから、ある程度の警戒は必要と言えるでしょう。特に、ご自身の住宅を脅かす位置にアシナガバチの巣を確認できた場合には、駆除することを検討すべきと言えます。アシナガバチの巣は、スズメバチに比べればそれほど大きなサイズではないため、自力で駆除することが可能です。特に、春先でまだ巣が小さいならば、十分に自力駆除が可能です。また、業者に依頼した場合もスズメバチの巣に比べれば、安めの料金設定となっています。なお、最近では、駆除する手間を省きたいと考える方が多く、業者への依頼が人気を集めているようです。

自力作業をする場合には

アシナガバチの巣は、握りこぶし程度の大きさであることが多く、どんな場所においても確認できる特徴があります。比較的確認しやすい場所は、軒下やベランダ、庭木のスキマなどが考えられ、一戸建て住宅に限らず、集合住宅でも作られる可能性があります。したがって、「最近、アシナガバチをよく見かけるような気がする」と感じた場合には、アシナガバチの巣の存在を疑っておきましょう。そして、先述のとおり、巣がまだ小さければ、ハチ用の殺虫剤を利用して自力で駆除することも可能です。この場合は、肌の露出を控えた服装で夜間に作業を行うこと、殺虫剤は風上から十分に噴射することが注意点です。そして、殺虫剤を撒いたら、翌朝状態を確認し、問題がなければ巣を落として処分しましょう。これだけで十分です。